住宅用火災警報器って、手入れしないといけないの?

住宅用火災警報器って、手入れしないといけないの?

定期的な点検は必要です。例:誇りがつまっていないか、電池が切れていないか、などをチェックしてください。


家庭内での火災の発生をいち早くキャッチし、知らせてくれる装置が住宅用火災警報器です。

住宅用火災警報器を取り付けなくても、罰則はないの?

自己責任です。罰則はありません。

ただし、住宅火災から楚自分自身を守るためにも、早期の設置が望まれます。

毎年、多くの方が住宅火災により亡くなっています。

特にその6割程度が65歳以上の高齢者であり、高齢社会の進展とともにさらに死者数が増加することが懸念されています。



posted by きあ at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

住宅用火災警報器の取り付け方法は知っていますか?

住宅用火災警報器の取り付け方法は知っていますか?

天井付近に付けるのです。

住宅における火災の発生を未然に又は早期に感知して、警報する警報器・設備の取り付けが義務化しました。

米国における普及状況とその効果はどれだけあったのか?

米国では、設置義務化等による住宅用火災警報器等の普及に伴い、住宅火災による死者数は1970 年代の6,000人程度から、最近では3,000 人を下回り半減しています。

住宅用火災警報器の購入の際には、規格省令に適合することを日本消防検定協会等の第三者機関が確認した、「日本消防検定協会の鑑定マーク【NS マーク】が表示されていますので、目安にしてください。
posted by きあ at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

あなたの自宅には住宅用火災警報器がありますか?

あなたの自宅には住宅用火災警報器がありますか?

住宅用火災警報器は、平成16年6月の消防法の改正で、すべての新築住宅は平成18年6月1日から火災警報器の設置が義務づけられました。


近年の住宅火災に関する最新の分析の結果、高齢者や子供だけでなく、熟年男性が住宅火災で死亡する危険も高まってきていることが明らかになりました。

この男性55 〜59 才階級の住宅火災死者の特徴は、次の3点が挙です。

@無職の割合が多い(約6 割)

A一人暮らしの割合が多い(約5 割)

Bたばこからの出火が多い。特に平成17 年は前年に比べ倍増

posted by きあ at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

逃げ遅れによる死者の発生を防ぐためにはどうしたら? 

逃げ遅れによる死者の発生を防ぐためにはどうしたら? 

まずは、早期に火災に気付くことが重要です!!

そのために、火災を探知し、警報を鳴らす住宅用火災警報器は、大きな役割を果たしてくれます。

住宅火災による死者の発生防止が、住宅用火災警報機設置義務化の最大の目的です。


住宅用火災警報器を取り付けなくても、罰則はないの?

自己責任です。罰則はありません。

ただし、住宅火災から楚自分自身を守るためにも、早期の設置が望まれます。

消防法による住宅用火災警報器等の設置義務付けがされており、住宅用火災警報器等が設置されていれば、死者の発生を防止できた可能性が高いことが実証されています。
posted by きあ at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

住宅用火災警報器を最近はちらほら見るようになりましたね?

住宅用火災警報器を最近はちらほら見るようになりましたね?

皆さんしってます?

住宅用火災警報器は、住宅の関係者(所有者、管理者又は占有者)に取り付け義務があります。

住宅用火災警報器は、近所のホームセンターや防火設備等の取扱店で購入できます。
日本消防検定協会の認定マーク【NSマーク】が表示されているので、購入の目安にしてくださいね。

悪質販売には、くれぐれもご注意を!!
posted by きあ at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

住宅用火災警報器の設置の免除はあるの? 

住宅用火災警報器の設置の免除はあるの? 

スプリンクラーや自動火災報知器が設置されている場合などがあります。

住宅用自動火災報知設備は、感知器が火災の発生を感知し、受信機及び補助警報装置が住宅内にいる人に火災発声を知らせる設備です。

住宅用火災警報器がない場合、住宅火災による逃げ遅れの原因はなんだろう?

就寝中などで、五感が鈍ってしまっているときが多いと考えられます。 

近年の主な建物用途別に見た火災100 件当たりの死者数は、住宅が最多です。(多数の者が利用する物販店舗、ホテル、病院等と比べ5 倍程度)
posted by きあ at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

消防法が改正され、住宅に必要になったもの。それが住宅用火災警報器です。

消防法が改正され、住宅に必要になったもの。それが住宅用火災警報器です。

最近、新聞記事などにも出るので名前は聞いたことがあるけれど、実際に「見たり」、「触ったり」、「設置した」人はまだ少ないのではないでしょうか?


住宅用火災警報器の設置義務は、新築住宅では、平成18年6月1日から施行されることになりました。


実は、平成14 年中の住宅火災100 件当たりの死者数(放火自殺者等を除く。)は、住宅用火災警報器等の設置の有無により3.4 倍程の効果が見られます。

そのため、早期の住宅用火災警報器の普及が急がれています。
posted by きあ at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

住宅用火災警報器の設置の免除はあるの?

住宅用火災警報器の設置の免除はあるの?

消防法に適合したスプリンクラーや自動火災報知器が設備されている場合は、その有効範囲の住宅部分は免除されてます。

住宅は、建物の中で最も火災による死者が発生しやすいのです。

火災警報器を取り付けなくても、罰則はないの?

自己責任のため罰則はありません。しかし、火災から身を守るためにも早期の設置が望ましいです。

近年の主な建物用途別に見た火災100 件当たりの死者数は、住宅が最多です。(多数の者が利用する物販店舗、ホテル、病院等と比べ5 倍程度)
posted by きあ at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

リンク集

posted by きあ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。